フリーマーケットボックス レンタルボックスギャラリー レンタルショーケース 箱貸し・棚貸しギャラリーのリンク集・検索情報サイト

フリーマーケットボックス、レンタルショーケース検索サイトの箱だらけ

レンタルボックス、フリーマーケットボックス内のレイアウトを考える


フリーマーケットの基本スペースが2m×2m程度なのに対し、レンタルボックスは30cm×30cm程度が基本。この狭い世界の中でいかに自分のお店を表現するのか、商品を配置するのかが鍵でです。狭い中で少しでも多くの商品を見せるためには、高さを活かす必要が出てきます。

基本の1つに段差を付ける方法があります。これは階段状の段を付ける事によって、小さい商品を効果的に置く事ができます。

木箱などのように画鋲が使えるら、極簡単に商品を吊るす事ができますが、アクリルやガラスショーケースは穴を空ける事ができません。禁止されていなければ、テープを使う事によって商品を吊るす事ができるようになります。

良くレイアウトで比較されるのがユニクロとドンキーホーテです。両者の違いを述べるとユニクロは簡素で見やすく、ドンキーホーテは乱雑で商品を探す楽しさがあります。レンタルボックスは狭いスペースなので、あまりにごちゃごちゃと詰め込んだレイアウトは好まれません。何が売っているのか良く分からない、見栄えが悪いなど・・・。

大きい物は奥、小さい物は前に置くのは常識です。前に大きい商品を置いたら、小さい商品が隠れてしまいます。

売れない商品は価格設定が高い、感性が合わない、レイアウト位置が悪いなど何か原因があります。何時までもそのままにせず、価格を変更したり、別の商品やレイアウトを入れ替えてみたりなど工夫が必要です。リピーターの目から見るとまた何時ものままかと目新しさも感じられません。

小物やPOPを使ってさらにディスプレイを目立たせれば、お客の目を向ける事ができます。
POPは手書きでも良いのですが、字に自身がないならパソコンを使ってデザインした方が綺麗に作れます。1色に限らず、カラフルにして目立たせるのも良いと思います。商品のうんちくや価格などのアピールしたい事を記載しましょう。

安価な小物などは低い器などにまとめるとすっきりと見やすいです。

商品が多い場合、大きいスペースやスペースを2つ以上借りる方法もありますが、余分に経費が掛かってしまいます。週ごとに商品を入れ替えるなど工夫をすれば、時間が掛かっても余分な経費を抑える事ができます。

箱だらけへ

レンタルボックスって何?

レンタルボックスのメリット

レンタルボックスを開業

選ぶ時のポイント

レンタルボックスを借りるには?

レイアウト方法を考える

copyright 箱だらけ All Rights Reserved.